米国の食事ガイドライン

米国では、どんなダイエットを行っているのでしょうか?

米国人は依然として砂糖、塩、飽和脂肪の摂り過ぎと言われており、

先日発表された、米国の食事ガイドライン諮問委員会(DGAC)の報告では、

・砂糖入りの炭酸飲料とおやつをやめる。

・赤身肉やバターなど飽和脂肪のをやめる。

・食卓に塩をおかない。

・果物と野菜を多く食べる。

ことを推奨しています。


最も身体に悪い食品として、

バーガー、サンドイッチ、タコス、ピザ、デザート、甘いおやつ、砂糖を添加した飲料

をあげています。


特に危険なのは、ファストフードの複数のメニューを一緒に注文する場合です。

推奨される1日のカロリー摂取量は、一般に30kcalx体重とされていますが、

「フライドポテトLとコーラMがついたダブルチーズバーガーセット」のカロリーは、

ダブルチーズバーガー:481Kcal、フライドポテトL:571Kcal、コーラM:140Kcal、計:1192Kcal

と、なかなかのカロリーです。

1回の食事で1日のカロリー所要量の66%(体重60kgの場合)に達してしまうのに、満腹感は・・・(私だけでしょうか?)

さらに、チーズバーガーセットの塩分含有量の平均は、1日の推奨摂取量の91%になるのだそうです。  


砂糖入りのソフトドリンクも、塩分の主要供給源であるとともに糖分の47%を占めており、

ケーキや菓子は糖分の31%、飽和脂肪の18%を占めるそうです。


一方、

・朝食の卵、おかわりのコーヒーは摂ってもかまわない。

と、以前は卵は制限されていたのに、今回は解除されています。


委員会によれば、高コレステロールは卵より飽和脂肪が原因だと述べています。

また、1日3~5杯のコーヒーは、糖尿病や心疾患のリスクを低減させるとしています。

 

この話を聞くと、やっぱり和食は優れているのですね・・・


岡島内科クリニック
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック