脂質異常症について

脂質異常症とは

  コレステロールは体の組織やホルモンの原料になるなど重要な働きをしています。

しかしコレステロールが多すぎると、血管の壁にコレステロールがたまり、「こぶ=プラーク」ができ、血管が詰まる原因となります。

コレステロールが高いと、どうなるの?

 プラークには「ソフト」と「ハード」の2種類があり、ソフトプラークは触るとブヨブヨしています。

多くの方が、「プラークは徐々に大きくなり、ついに血管を塞いでしまう」と思われていますが、実は違います。

ソフトプラークが破裂すると、そこに「血栓」ができます。この血栓が飛んでいって詰まるのです。

つまり、プラークがさほど大きくなくても、破裂すれば血栓ができて詰まる可能性がある、ということです。 


本当にあった話です

正直皆さんの周囲で大変な目に遭った人はほとんどいないので、ピンとこないのはわかります。

しかし私は仕事上、そういう人をたくさん診てきました。

 Cさん(58歳)は、仕事中に突然激しい胸痛が出現。病院に救急搬送されて来ました。検査の結果、心臓に栄養を送る細い血管3本のうち2本が詰まりかかっていました。心筋梗塞と診断され、すぐステント治療(細くなったところを金属の網で広げる)が行われ、何とか一命を取り留めました。

 結構血管が傷んでいたので、さぞかしコレステロール値が高いだろうと思っていました。しかし実際は、LDL値156mg/dlでさほど高値ではありませんでした。本人に確認すると、「以前から言われてたが自覚症状がないので放置していた」そうです。

頸動脈エコーにてプラークの検索を行ったところ、20%狭窄の部位が見つかりました。

 

 確かに脂質異常症の方が重大な病気を発症する確率はそう高くないかもしれません。

が、突然、著しく生活の質が低下するケースもあるということです。

あなたは、「99%安全な飛行機(1%の確率で墜落する)」をどう思いますか?

どうすれば良いですか?

あなたのすべきことを教えましょう。

1)生活習慣を改善すること

  • 食事を改善(適切なカロリーと減塩)し、運動すること。 
  • 禁煙や節酒、体重管理。

2)現状を把握し、目標値を設定すること

  • 脂質異常症には生活習慣に起因するものだけではなく家族性や二次性があり、対応が変わります。
  • 年齢や性別・既往歴や危険因子など、人によって目標値が変わります。
  • 動脈硬化(プラーク)の検査:動脈硬化が進んでいれば急いだほうがよいです。

3)必要なら治療を受けること

  • 生活習慣を改善してもコレステロール値が改善しない場合。
  • 二次予防や糖尿病がある場合。
  • 内服にてプラークを縮小させることができる可能性があります。
  • LDLコレステロール20-30%低下により冠動脈疾患が30%低下する と言われています。

岡島内科クリニック
岡島内科クリニック:待合室
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262
岡島内科クリニック:診療時間

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

診察事前申込

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

南千里クリスタルホテル:外観

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

岡島内科クリニック:アクセスマップ
クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック