睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群肥満とは

いびき以外の自覚症状はなく、自分だけではわかりにくい病気です。特に肥満の方に多いですが、やせていてもなります。

家族に「いびきがうるさい」「息が止まっているよ」と指摘されて気付くことが多く、初期は自覚症状があまりありません。

しかし放置すると、「昼間眠い」「会議中寝てしまう」「自動車運転中、信号待ちで前の車に当たってしまった(ブレーキがゆるんでしまう)」などの症状が現れます。

それだけではなく、高血圧が2倍、脳卒中が4倍、狭心症・心筋梗塞が2~3倍、合併しやすいと言われています。

息を吹き返すのに血圧が80mmHg上昇しますので、普段血圧が120mmHgの人でも、200mmHgになっていることになります。怖いですね。

たかが「いびき」ではなく、突然死・心不全・動脈硬化と密接に関わっています。

実は人生の1/3は寝ています。この時間の過ごし方にもっと注意すべきでしょう。

 

睡眠時無呼吸症候群の検査は

機材(簡易無呼吸診断装置)を貸し出しますので、自宅で検査ができます。

検査にて、睡眠中に10秒以上の呼吸停止(無呼吸)が1時間に15回以上見られれば診断が確定します。

(5~15なら軽症、15~30なら中等症、30以上が重症です)

 

睡眠時無呼吸症候群の治療は

生活習慣の改善(減量、横向きで寝る、禁酒、睡眠薬の禁止、鼻疾患の治療)を行います。

また、持続陽圧呼吸療法(簡易検査でAHIが40以上なら)、マウスピース、手術などもあります。

岡島内科クリニック
岡島内科クリニック:待合室
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262
岡島内科クリニック:診療時間

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

診察事前申込

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

南千里クリスタルホテル:外観

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

岡島内科クリニック:アクセスマップ
クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック