新型コロナウイルス感染症、現場の声

今日は、大阪市内にある公立病院の集中治療室に勤務されている、T先生とお話ができましたので、シェアしたいと思います。

 

私:新型コロナ感染症の方が増えていると聞きますが、お忙しいですか?

T:そうですね。最近増えてきています。

私:先生から見て、新型コロナ感染症の特徴は何だとお考えですか?

T:あくまで私見ですが、3つあると考えています。

 1)潜伏期間が長い。

 一般的に、1~14日間と言われていますが、5日位が多いと言われています(WHO)。

 感染可能期間は、発症2日前から発症後10日程度と言われており、感染性のピークは発症2日前から発症直後と言われています。

私:確かに、5日前何をしていたのか、すぐに思い出せないですね・・かつ、元気な時に排菌しているということですね。

T:インフルエンザであれば、すぐ高熱でて受診、検査をして休職しますが、そこが違いますね。

私:もし感染した場合の退院基準が「10日間経過」というのは、ここからですね。

T:そうです。最近は退院時の検査を省略することが増えました。

 

 

 2)病態の割に自覚症状に乏しく、急変する

T: 本人は元気なのに、レントゲンではひどい肺炎が見つかることがあります。 

 発症から7-10日目当たりに突然呼吸不全になる方がおられます。昨日まで元気だった方なのに、次の日突然、人工呼吸器が必要になるケースです。「突然、呼吸が出来なくなった」と言われます。

私:その後はどうなりますか?

T:発症14日目くらいを無事乗り越えてくれれば、人工呼吸器を徐々に外していきます。60歳以上の方は年齢と共に徐々に難しくなります。

私:元気なら、普通受診はしないですよね。しかも、新型コロナだったとしても1週間で8割の方がそのまま軽快しますしね。

 今のお話から、自宅で療養中に亡くなくなる理由がわかる気がします。

 

 2)両側の肺に肺炎が出来ることが多い

T:普通の肺炎は片側性がほとんどですが、新型コロナの場合は両側に肺炎が出来ることが多いです。

 これは、急変する理由の1つだと思います。

私:なるほど、肺は1つでも生きられると言いますから、両側やられると確かに厳しいですね。

 

 

まとめますと、

 1)元気でも、周囲に菌をまいている可能性はある。

 2)特に、風邪症状が出現してから1週間経っても症状が改善しない、もしくは息苦しくなった場合は、速やかに病院で検査してもらうこと。

 「1週間」がキーワードな気がします。ぜひ、ご参考にしてください。

 

岡島内科クリニック
岡島内科クリニック:待合室
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262
岡島内科クリニック:診療時間

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

診察事前申込

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

南千里クリスタルホテル:外観

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

岡島内科クリニック:アクセスマップ
クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック