インフルエンザ Q&A

インフルエンザが流行期に入ってきました。当院でも、連日多数の方が来院されています。

そこで、よくお話することをQ&Aでまとめてみました。(あくまで当院での方針です)

 

Q1. インフルエンザの症状とは?

A1. 38度の発熱、咳鼻水、咽頭痛、関節痛、頭痛、筋肉痛、全身倦怠感があります。胃腸症状が伴う場合もあります。症状は全てそろう訳ではなく、特にワクチン接種後は軽度な傾向があります。(それがワクチンのメリットでもあるのですが)

 

Q2. 家族にうつりますか?

A2. 潜伏期間が3日、発症(有症状)が3日、回復期が2日と考えて下さい。この間(計8日)、他人にうつす可能性があります。特に家族内では、高率に感染すると言われています。

 

Q3. 今朝から高熱がでました。検査をして欲しいのですが?

A3. 発症(高熱が出た時点)から12時間以内は、検査をしても陰性になる可能性があります。その場合、原則時間をおいてから検査を行い、インフルエンザかどうかを決定します。

 

Q4. 検査を受けないと薬をもらえないのですか?

A4. インフルエンザの診断に検査は必須ではありません。濃厚接触(発症した人と2m以内で会話や接触がある)や家族内発症があり、診察上明らかにインフルエンザと診断される場合は、検査は不要です。

 

Q5. インフルエンザになった後、「出社可能か、検査してもらえ」と会社で言われました

A5. インフルエンザが治癒したかどうかわかる検査はありません (診断の際使用する検査は、治癒したら陰性になる訳ではありません)。厚労省・文科省の通達でも、「治癒証明書を取得させる意義はない」と述べています。お仕事は、症状改善後48時間以上経過してからにしましょう。学校では、高熱が出た翌日から5日間、休みになります。

 

Q6. 高熱が出たので、家にあったロキソニンを飲みました。

A6. インフルエンザの場合、ロキソニンによりインフルエンザ脳症を引き起こす可能性があります(特に10代の場合)。

医師によって意見が分かれますが、当院では他の解熱剤をお勧めしています。

 

Q7. 関節痛もあるので、痛み止めも欲しいのですが?

A7.「熱冷まし」には解熱作用と鎮痛作用が含まれるので、痛みにも有効です。

 

岡島内科クリニック
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック