大阪府感染情報 平成26年第27週(6/30~7/6)

第1位は感染性胃腸炎で以下、ヘルパンギーナ、A群溶連菌咽頭炎、咽頭結膜熱、水痘の順でした。

感染性胃腸炎は微減、ヘルパンギーナは6割増と警報開始基準値を超えました。A群溶連菌咽頭炎は減少傾向、咽頭結膜熱は微増傾向です。
 麻しんは渡航歴のない4例の報告、風しんの報告はありません。

 

当院でもヘルパンギーナは増えています。

 

夏かぜの原因は、エンテロウイルスやアデノウイルスなどが主で、発熱のほかにのどの痛み、胃腸炎症状、目の充血、発疹などさまざまな症状がみられるのが特徴です。

 アデノウイルスの症状は、発熱、のどの痛み、結膜炎などが有名です。エンテロウイルスではヘルパンギーナや手足口病といった病気が代表的で、ヘルパンギーナは高熱、のどの水疱が有名です。手足口病は手、足、口の中の水疱が有名です。

岡島内科クリニック
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック