食中毒の予防

最近、牛肉の生食による食中毒で死亡する事件がありました。

今回は食中毒について です。

 

<症状>

嘔吐・下痢や腹痛・発熱を伴うことが多いです。

水分・塩分補給で治まることが多いですが、血便や脱水症状など症状が重い場合は受診しましょう。

 

<予防>

・つけない

菌を食品につけないように、手洗いをしっかり行い、調理器具を清潔にしましょう。

 

・増やさない

食品は新鮮なものを購入し、冷蔵・冷凍保存し、早めに使い切りましょう。

 

・殺菌する

多くの菌は熱に弱いので、充分加熱しましょう。

 

<主な細菌・ウイルス>

・ノロウイルス

カキなどの貝に含まれます。冬場(11月~2月)に多いです。

 

・大腸菌(O-157他)

殆どの大腸菌は無害ですが、一部病原性を持つものがあります。

O-111やO-157などの病原性大腸菌は牛の腸内に生息するといわれています。

 

・カンピロバクター

生の鶏肉からの感染が多いですが、未殺菌の牛乳や水、ペットからの感染例もあるようです。

この菌は低温に強いですが、熱と乾燥に弱いと言われています。

 

・サルモネラ

生の鶏卵からの感染が多いと言われています。

生卵は新鮮なものを食べましょう。

 

・腸炎ビブリオ

海水中に生息し、魚介類に付着して感染します。

夏場に多いです。

加熱や低温保存で予防できます。

 

・黄色ブドウ球菌

自然界に広く生息しますが、加工品(調理する人の手指の化膿創からの感染)が多いです。調理の際は清潔を保ちましょう。

 

岡島内科クリニック
岡島内科クリニック:待合室
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262
岡島内科クリニック:診療時間

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

診察事前申込

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

南千里クリスタルホテル:外観

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

岡島内科クリニック:アクセスマップ
クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック