慢性腎臓病(CKD)

先日、健康診断で尿蛋白を指摘された方が受診されました。詳しい検査の結果があまりよくなかったので、専門医受診をお勧めしました。

しかし「体調は悪くないので」と、なかなかよい返事をもらえませんでした。皆さんの中には、検査結果が悪くても「元気だから自分は大丈夫」と思っておられる方が意外とおられます。そこで、今回は慢性腎臓病(CKD)についてお話ししたいと思います。

 

慢性腎臓病(CKD)とは?

腎臓の働きが慢性的に低下していく病気を慢性腎臓病(CKD)といいます。 実は日本には、約1,330万人(20歳以上の成人の8人に1人)もいると考えられ、新たな国民病とも言われています。

 

どんな原因でなりますか?

肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病は、腎機能を低下させると言われ、誰でもなる可能性があります。

実は、人工透析の原因となる病気の1位は糖尿病で、2位は慢性糸球体腎炎となり、1位と2位でほぼ70%を占めます。以降、高血圧、多発性嚢胞腎、慢性腎盂腎炎と続きます。

 

どんな症状がでますか?

初めは自覚症状はほとんどなく、健診などで偶然発見されることが多いです。しかし、病気が進行すると、夜間尿・むくみ・貧血・倦怠感などの症状が現れます。

 

CKDになると、どうなりますか?

腎機能がどんどん低下すると、血液中の老廃物が上手に排泄できなくなり(腎不全)、人工透析を行う必要があります。

しかし大切なことは、透析を受けている方の多くが脳卒中・悪性腫瘍・心筋梗塞で亡くなるということです。ですので、自覚症状がなくても注意が必要だと言われています。

 

CKDは治療でよくなるのでしょうか?

悪くなってしまった腎臓を回復させるのは困難ですが、生活習慣の改善と薬物治療を継続することにより、病気の進行を抑えることができます。そのためには早期発見、早期治療が重要です。

 

岡島内科クリニック
岡島内科クリニック:待合室
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262
岡島内科クリニック:診療時間

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

診察事前申込

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

南千里クリスタルホテル:外観

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

岡島内科クリニック:アクセスマップ
クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック