認知症と生活習慣病

当院では、たくさんの方が高血圧の治療をうけておられます。

しかし一部の患者さんは自覚症状に乏しいためか、降圧の必要性を充分に理解されていないようです。

一方、認知症や脳卒中は長期間介護が必要になることから、自分がなりたくない病気で一番にあげられると言えるでしょう。

 東京医科大、老年病科の岩本教授から興味深いお話を伺いましたので、皆さんにもご紹介したいと思います。

 

<はじめに>

若年期からの不適切な生活習慣がそのまま中年期の生活習慣病となり、やがて老年期に病気を引き起こす。よい例が動脈硬化であるが、生活習慣病はアルツハイマー病にも影響を与える。すなわち、アルツハイマー病は、加齢が最大の危険因子とされる一方、生活習慣病などの要因がその発症に影響していることが明らかとなってきた。

 

<高血圧とアルツハイマー病>

高血圧がアルツハイマー病や血管性認知症の原因になったり増悪させたりすることは数多く報告されている。例えば、

・認知症になった人は中高年期の血圧が有意に高い。

・アルツハイマー病でもラクナ梗塞があると認知機能が有意に低下。

(ラクナ梗塞は高血圧によって引き起こされる)

すなわち、高血圧の持続→脳動脈の動脈硬化→ラクナ梗塞・血行不良

→加齢と共に増強→認知症 と考えられる。

したがって、高齢で発症するアルツハイマー病予防には若年期の高血圧管理が大切である。

 

<糖尿病とアルツハイマー病>

2型糖尿病もまたアルツハイマー病や血管性認知症の原因となり、糖尿病の人は健常人と比べ、2~4倍アルツハイマー病になりやすい。糖尿病により動脈硬化を引き起こすためと考えられる。

 

<高脂血症とアルツハイマー病>

中年期の高脂血症の人は健常人と比べ、約3倍アルツハイマー病になりやすい。

 

<喫煙・偏食・運動不足とアルツハイマー病>

喫煙・野菜不足・運動不足もアルツハイマー病の引き金になることが疫学調査で明らかとなってきた。

 

<結論>

健康に長生きするためには、若年期からの生活習慣を改め、生活習慣病になった場合は治療を行うことで、動脈硬化を防ぎ、脳を保護することでアルツハイマー病を防ぐ必要がある。

 

岡島内科クリニック
岡島内科クリニック:待合室
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262
岡島内科クリニック:診療時間

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

診察事前申込

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

南千里クリスタルホテル:外観

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

岡島内科クリニック:アクセスマップ
クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック