よく噛む

さて、皆さんは「腹八分目」という言葉をよく聞かれると思います。

食べ過ぎてはいけない。という意味でも使われますが、ではどうすれば食べ過ぎを防止できるでしょうか。

 

☆ 満腹と感じるのに20-30分かかる。

 

脳の視床下部に満腹中枢というものがあり、糖分や脂肪・タンパク質を摂取したり胃の壁がふくれたりすると、満腹になったという情報が脳に送られます。この情報が送られるのに時間がかかってしまうのです。

そのため、早食いの人は必要以上に食べてしまう可能性が高くなります。

では、どうすればよいでしょうか。

 

☆ 20分以上かけてゆっくり食べる。

 

どうやってゆっくり食べればよいでしょうか。

 

☆ 一口ごとに箸を置く。

 

会話をしながらの食事だと、一人で食べるより時間がかかります。

ビートたけしさんは、わざと食事を中断して新聞を読むんだそうです。

 

☆ よく噛んで食べる。

 

よく噛んで食べると、時間がかかるだけでなく、食物が細かくなり唾液ともよく混ざって、消化吸収の効率が良くなります。消化吸収が速くなると、満腹中枢への情報も速くなり、満腹感もはやく訪れることになります。

では、具体的にどうすればよいでしょうか。

 

☆ 食材・調理法を工夫する。

 

・堅い食材を混ぜる(玄米・ナッツ・ごま・まめなど)

・魚介類を食べる(たこ・いか・貝類など。魚・貝も骨・殻付きだと食べるのに時間がかかります。)

・食物繊維を食べる(野菜・海藻・きのこ類など。とくに、きゃべつ・ごぼう・たけのこ・れんこん・こんにゃくなどは堅いため、さらに噛む回数がふえます。食材を大きく切るとさらに効果的。)

・薄味にする(味わうため、噛む回数が増えます。)

・固めに調理する(ご飯、おひたしより生野菜にするなど。)

 

☆ 噛む回数を数える。

 

噛む回数は、50回という説もありますが、現実的には20-30回でしょうか。

現在噛んでいる回数の2倍をとりあえずの目標にしましょう。

 

以外と噛む作業は大変です。早食いは習慣ですから、徐々に増やしていきましょう。

 

まず、夕食時 一口を20回噛む(数える)ことから始めてみましょう。

 

 

 

 

岡島内科クリニック
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのがクリスタルホテル南千里です。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側にクリスタルホテル南千里がございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


クリスタルホテル南千里にある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック