脳卒中について

脳卒中とは

脳の血管が詰まったり、破れたりして起こる病気の総称です。

脳卒中は、日本人の死因疾患の第4位で、寝たきりになる原因として最も多い疾患です。

脳卒中の種類

脳卒中は、以下の4つに分けられ、頻度は各25%位です。

1)アテローム血栓性脳梗塞:動脈の壁面に脂肪が沈着し(プラーク)、破れると血栓(血の塊)ができ、これが脳で詰まるものです。糖尿病、高血圧、高脂血症などが原因になります。

2)ラクナ梗塞:小さな脳梗塞で、軽症が多く、検査で偶然発見されることが多いです。糖尿病や高血圧、高脂血症などが原因になります。

3)心原性脳塞栓:心房細動や弁膜症により血栓ができ、これが脳で詰まるものです。

4)脳出血(クモ膜下出血):動脈硬化により、血管が切れて出血するものです。

脳梗塞とは

脳の血管が詰まることで起こります。動脈硬化で詰まる場合と血栓(血の塊)が詰まる場合があります。

症状として、意識障害、顔の麻痺、手足の麻痺、言語障害などがあります。

治療は、詰まった原因により変わります。血栓を溶かしたりカテーテルで除去したりすることがあります。

早期から適切な治療が行われるかどうかで、治療後の経過が大きく変わります。

後遺症を軽くするために、早期からリハビリテーションを行います。

脳出血とは

脳の細い動脈に動脈硬化などが生じ、血管が切れて出血したり、瘤が破裂したりして起こります。

発症して24時間以内、特に6時間以内は血腫が拡大することが多く、症状が進行し、意識障害や手足の麻痺などが悪化する可能性があります。さらに脳幹など重要な部分が圧迫されると、病状が重篤になる可能性があります。

死亡率は15%位、強い麻痺が後遺症として残ることが多いです。

治療として、降圧剤・脳の浮腫を抑える薬・けいれんには抗てんかんの薬が使われます。

岡島内科クリニック
岡島内科クリニック:待合室
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262
岡島内科クリニック:診療時間

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

診察事前申込

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

南千里クリスタルホテル:外観

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

岡島内科クリニック:アクセスマップ
クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック