健康診断で異常を指摘されたら

総合判定の意味:「要経過観察」「要再検査」「要精査」とは

健康診断の結果は、「異常なし」「要経過観察」「要再検査」「要精査」「要治療」と別れると思います。

どういう意味で医師が書いているのか説明しますと、

「異常なし」:「異常がなくこのままで問題がないと思われます。但し、年1回の健康診断は受けて下さいね。」の意味です。

「要経過観察」:「正常範囲を超えたものがありますが、今すぐ対応しなければならないほどではありません。生活習慣を改善して様子をみましょう。1年後に再検査しましょう(1年後に健康診断を受けて下さい)」の意味です。

「要再検査」:「異常を認めますが、放置すると将来問題になるかどうか、今は何とも言えません。時間を置いて再度検査をして、今より良くなるか悪くなるかを見ましょう。」の意味です。

「要精査」:「異常を認めますが、これが何故なのかもう少し情報が欲しいです。より詳しい検査を受ける必要があります。」の意味です。

「要治療」:「これは治療が必要なレベルです。速やかに今後の方針につき医師にご相談ください」の意味です。

 

よくあるご質問

Q:血圧が高いと言われました。

A:普段は血圧が低いのに、白衣を見ると緊張して血圧が上昇する場合があります。これは「白衣高血圧」といわれ、危険度は高くないと言われています。ご自身がこれに該当するかは、ご自宅でリラックスした状態で血圧を測定してみてください。その記録を持参して受診していただけると助かります。

 

Q:コレステロール値が高いと言われました。

A:悪玉(LDL)コレステロールが増加すると動脈硬化の原因となり、脳卒中・心筋梗塞などの原因となります。自覚症状がなくても治療が必要になることがありますので、一度受診されることをお勧めします。

 

Q:尿酸値が高いと言われました。

A:尿酸値が高いと、関節内で結晶ができ激しい痛みの原因となります(痛風発作)。また腎臓に障害を与えることもわかってきました。自覚症状がなくても治療が必要になることがありますので、一度受診されることをお勧めします。尿酸はアルコールに多く含まれ(特にビール)、尿で排泄されることから、ビールなどアルコール摂取を控え、水分を多く取るようにしましょう。

 

その他、健康診断の異常値について

よくある相談が、「肝機能の異常」「レントゲンの異常」「心電図の異常」「白血球の異常」「甲状腺が腫れている」など。

それが、”病的” なのかは、検査をして判断していきます。

 

どんな検査が必要ですか?

肝臓:血液検査やエコー検査など。

肺:胸部レントゲン、胸部CTなど。

心:心電図エコー検査など

白血球:血液検査など。

甲状腺:血液検査やエコー検査など

 

岡島内科クリニック
岡島内科クリニック:待合室
吹田市津雲台1丁目2-D9 tel:06-6836-6262
岡島内科クリニック:診療時間

※木曜日・土曜日午後、日曜・祝日は休診です。

診察事前申込

※順番予約・時間帯予約ではありません。

※インターネットでの予防接種・健康診断の予約はできません。


アクセス

南千里クリスタルホテル:外観

【公共交通機関をご利用の場合】

阪急千里線 南千里駅 徒歩1分

改札口を出て、左前方にあるのが南千里クリスタルホテルです。(右写真)

そちらの2階、歩道橋を渡っていただいた場合はその階、中に入って左奥に当院がございます。

阪急バスの場合は、南千里で下車願います。

【お車でお越しの場合】

阪急千里線南千里駅を目標にお越しください。 駅の北側に南千里クリスタルホテルがございます。

駐車場は、ホテルの東側の立体駐車場をご利用ください。 当院ご利用の場合は、最大1時間の無料サービス券をお渡ししております。

(当ビル内の薬局でも無料サービス券をもらえますので、ご利用ください)

岡島内科クリニック:アクセスマップ
クリスタルホテル南千里 2階館内図
クリスタルホテル南千里 2階館内図

岡島裕のつぶやき

岡島内科クリニックFacebookページ


南千里クリスタルホテルにある他の医療機関様

福原歯科

佐藤整形外科クリニック